お知らせ

第26回戴帽式を挙行しました。

2021/07/20

令和3年7月2日(金) 第26回戴帽式を挙行しました。
新型コロナウイルス感染症拡対策のため、戴帽生、祝辞をいただくご来賓1名、在校生の代表者及び教職員のみの参列となりました。
戴帽式の様子をご覧ください。
                        
◇◇◇後援会から贈られたコサージュを先生からつけてもらいました。◇◇◇

◇◇◇ 戴帽の儀 ◇◇◇

石川副学校長から、女性はナースキャップ、男性はエンブレムを戴きました。


 

◇◇◇学校長 細川 治より式辞◇◇◇       ◇◇◇横浜市病院協会会長 新納憲治より挨拶◇◇◇


◇◇◇来賓祝辞◇◇◇              ◇◇◇お祝いのことば◇◇◇

実習病院を代表して、               上級生からお祝いのことばがありました。

横浜市立大学附属市民総合医療センター

副院長兼看護部長 鈴木美智子様より、

祝辞を戴きました。


◇◇◇ 聖火継承 ◇◇◇            ◇◇◇ 誓いの言葉 ◇◇◇

ナイチンゲール像から継承された看護のともしびは、石川副学校長から戴帽生に受け継がれました。


誓いの言葉

看護を学ぶ機会を得られたことに感謝し、正確な知識と技術を身につけます。 

患者さまの心身の痛みに寄り添い、たくさんの笑顔に繋げられるよう努めます。 

看護を目指す仲間と共に、初心を忘れることなく共に学び、共に支えあい、共に成長することを誓います。