よくある質問

学校について

横浜市が設立した学校ですか?
横浜市病院協会が、横浜市からの財政支援等によって本校を設立し、横浜市、神奈川県からの補助金を受けて学校運営を行っています。

学生生活・授業について

学校を利用できる時間、授業時間について教えてください。
学校の利用時間は、原則、平日の8時30分〜20時です。
1回の授業は、90分間で、次のとおりです。

・1時限: 9時 〜10時30分
・2時限:10時40分〜12時10分 (昼休み:12時10分〜13時20分)
・3時限:13時20分〜14時50分
・4時限:15時〜 16時30分
どのような施設で実習を行いますか?
横浜市内にある横浜市病院協会会員の総合病院が主な実習施設です。また、実習科目に応じて、老人施設、保育園、障害(児)者施設、市内各福祉保健センター、助産院など多様な施設で実習を行います。
就職先は実習施設ですか?
実習施設はもちろんのこと、横浜市内にある病院が主な就職先です。横浜市病院協会の会員病院が、横浜市内に多数ありますので、病院への就職を希望する卒業生は全員就職できています。
学校には寮や提携しているアパートはありますか?
提携している寮やアパート・不動産会社はありません。しかし、奨学生を受け入れている病院の中には入寮可能な病院もあります。また、学校の近くには不動産を紹介する複数の店舗があります。
クラブ活動には、どんなものがありますか?
自治会室や体育館を利用して、茶道部、ボランティア部、フットサル部、バドミントン部の4クラブが活動しています。
男子学生の割合は、どのくらいですか?
毎年、入学生の1割程度が男子学生です。全学年で30名程度です。
社会人経験者の割合は、どのくらいですか?
全学生の約半数以上が社会人経験者です。様々な世代の人が、学びの場を共通することによって、互いに良い刺激になっています。
各種奨学金への申込み等はどのようになっていますか?
入学後、各種奨学金説明会を4月に予定しています。特に、横浜市病院協会会員病院参加の説明会では、奨学金・修学生活資金を提供している各病院から、直接、奨学金や病院運営等についての説明を受けることができます。
大学で修得した単位は、認められますか?
大学で、既に修得した単位のうち、本校の教育内容に相当すると認められる場合は、履修科目として認定しています。大学等を卒業された方には、「既修得単位認定申請書」に成績証明書、学習内容がわかるもの(シラバス)を添えて期日までに提出していただきます。

学校説明会・入学試験・入学について

学校説明会の内容はどのようなものですか?
全ての学校説明会で、学習内容・学生の状況・入学試験等についての説明と校内見学を行います。さらに、6・7・9月の学校説明会では個別相談が、8月の学校説明会・1日看護体験では個別相談及び在校生との交流・看護体験などができます。
学校説明会には、申込みが必要ですか?
6〜9月に開催する学校説明会には、申込みの必要はありませんが、個別学校説明会は予約が必要です。(開催日は、ホームページでお知らせします。)
学校案内・入学願書・過去問題集の入手方法を教えてください。
学校窓口でお渡しする方法と郵送でお送りする方法があります。学校案内と入学願書は無料です。過去問題集は、1冊1,000円で販売しております。
1)窓口の場合
窓口は、平日9時〜17時となっておりますので、その時間内にお越しください。
2)郵送の場合
・学校案内・入学願書・過去問題集の請求
送り先を明記し、400円分の切手を貼付した角2(A4サイズ)の返信用封筒と過去問題集の代金として1,000円の定額小為替を学校宛にお送りください。
・学校案内・入学願書の請求
送り先を明記し、250円分の切手を貼付した角2(A4サイズ)の返信用封筒を学校宛にお送りください。
・過去問題集のみの請求
送り先を明記し、250円分の切手を貼付した角2(A4サイズ)の返信用封筒と過去問題集の代金として1,000円の定額小為替を学校宛にお送りください。その際、封筒に「過去問題集のみ請求」と記載してください。
平成28年度実施の入学試験の倍率を教えてください。
特別入試 高校生推薦入試は、約1.5倍、学士・社会人入試は、約2.5倍、
一般入試T期は、約2.5倍、U期は、約4.3倍でした。
個別学校説明会